まぐろぐ/「すいかの中身(ももしんについて)」 すいかの中身(ももしんについて)


■ももしん概要
好奇心旺盛、面倒くさがりだがマメ。
すべての事象をプラスに考えられるステキ回路を脳内に搭載。
コーヒーと紅茶が大好き、猫舌なので基本的にアイスで。コーヒーは酸味の少ない系が好きです、ブルーマウンテン飲んでウマー、ともなるけれど、普段はインスタントでネスカフェでアイスコーヒーで満足出来てしまう庶民舌。同様に紅茶はキャンディでアイスミルクティ、普段はリプトンミルクティか午後の紅茶のミルクティ、同様に紅茶も普段はイエローラベルでウマウマできるという安い舌なのさ。

割と器用な方だと思われる、物を作るのが好きで、工作したり、なにかを加工したり、料理まで。
主な趣味はパソコンとTVゲーム。
出不精だがドライブは好き(運転は好きだが車には疎い)
PC属性:16色CG描き、いんちきプログラマー、PCの静音化、PCケース自作する人
その他属性:黒髪

■好きな音楽

 [歌手]
  奥井雅美、岡崎律子、小森まなみ、水樹奈々、渡辺美里、ZARD、Avril Lavigne、
  永井真理子、國府田マリ子、Do As Infinity、TommyFebruary6、いきものがかり等々。

 [歌が無い音楽]
  鷺洲詩郎、小林秀聡、藤澤道雄が好きです。

  クラシックならバッハ

歌のジャンル的には、POPS一般なら何でも聞くけど、ロック方面よりピアノ&ストリングスの構成の方が好み。リズムよりメロディ重視、流行の恋愛歌にこだわらないのでクラシックからアニメソングまで割となんでも。普段は歌無しは、ニューエイジミュージクや、類似したアレンジのゲームミュージックや各種サウンドトラックなどを好んで聴きます、R&B、ソウル系よりは、スムースジャズ、スムースジャズのニューエイジ寄りならなお吉、松居慶子とか。ジャズ色は好むけどジャズは好まない、そんなイタリアンなのに醤油で和風パスタみたいな亜流にストライクゾーンという感じで広いようで狭いらしいです(笑)



■ももしん趣味の履歴

○1980~1990年 PV-2000、BASIC

小学生の半ば成り行き的にMSX1より安価な感じの簡易コンピュータのカシオのPV-2000でプログラム言語BASICを覚え、C83-BASICで簡単なゲームなどを作ってBASICを遊びながら学び、基本ルーチンの作り方を覚える。その後しばらくTVゲームに夢中になるが、ある時 MZ-2000やMSX2シリーズ、PC-88を持つ友人の影響でプログラム熱が再燃するが、PCー88に憧れつつ自力で買えず指をくわえて過ごす。

コンピューター以外は、TVゲームとプラモデルが主な趣味だった。

○1991~1993年 PC98とBASIC、MS-DOS

非常に迷ったが、あえて全盛の8801を買わず9801を購入、結果98の時代が訪れたので正解だった。98購入に伴い、憧れたN88-BASICに環境は移行。PC-9801はPV-2000と比べ、速度もプログラムコーディング容量も数十倍高速かつ大容量で作れるプログラムの幅が増えてまたBASICに興ずる日々。今は無きマイコンBASICマガジン(通称ベーマガ)の投稿プログラムコーナーに小さなゲームを投稿し、2度送って2度とも掲載されたという過去の栄光(笑)がある。このころ世の中ではMS-DOSがものすごい勢いで普及。OSをN88BASICからMS-DOSに移行する。

○1994~1997年 16色CGと、パソコン通信

なんとなくCGツールをいじり、自分には絵心が無いことがわかっていたので模写でCGを描く、が技術も無いので下手くそなCGを描く、そのころ同時にやっていた草の根パソコン通信、主に松前ネット・不思議空間で公開、だんだん描きなれてきて、独学だが作画法も安定してきてぼちぼちまともな絵を掛けるようになったら感想などももいただけるようになる。模写するにも「アニメの女の子の絵が反応が良いので」という理由で、ろくにアニメ(というかTV自体ほとんど)見ないくせに、アニメ絵タッチな16色CG描き(模写)になる。さらにはCG描きとして活動するも、主な活動の場は、なぜか音楽系草の根BBSの「ゆいネット」。なりゆきとはいえ微妙にずれた道を進む。QuickBasicの存在をしり、止まっていたBASICの活動が再開。ネットのログ編集ツールなどを作る。まぐろぐの原点でもある小さな小さな草の根BBSのまぐNETを立ち上げる。成り行きでC言語も習得。怠けてC++を習得しなかったので、後に困る。その後、一時代を築いたPC98の時代はNECがPC-98からIBM互換機への移行を宣言したとともに、世界は98の時代に終焉を迎える

○1998~2000年 インターネット

NECが98撤退を発表後に発売されたPC-9821 Ra266/W30Rを買うがゆえに、98ユーザーの生き残りとなる、時代はすっかりインターネット、流れ的にホームページの作製を始める(旧ぴくせるあーと)。98ユーザーサバイバル生活は使い慣れたDOS環境をPentiumII 環境で動かせてWindowsも動くので結構快適。AT互換機移行を先延ばし抵抗 ずっと98でも良いと思っていたほどPC98大好き人間だったが、新商品、新OSが出ないことと、どんどん公開されゆくPCの新アーキテクチャなどをみて、AT互換機への移行を決意。

事実上最後(2006現在)の16色CGは無謀にもスキャナに挑む。16色CGを今後描いてももうこんな面倒くさいの描かないと思う。

○2001~2003年 自作PC、PCケースの自作、インターネット

AT互換機への移行を決意するも、なぜか初AT互換機が、自作なのまではよかったのだが、ケースも自作になり机の引き出しに自作マシンを収納。引き出しパソコンAirが誕生する。同時に超静音PCの人になる。やはり物を作ること自体が好きな性分だからか2台目ケースも自作になる罠。3台目)、4台目と続く。

○2004~2006年 結婚に伴って生活環境が色々変化
2004年に結婚。結婚に伴い引っ越しとともに持って行けないことになった机の中のパソコンを移設する目的と、静音の維持・研究的に、5台目のケース作りに着手。完成後マシンのスペックアップによる発熱量の倍化で、作った静音ケースの放熱が足らない事態に陥り排気周りを改造するも、根本的に別の理論での静音ケース作り直す野望を抱きつつ、仕事が忙しくなったり、子供が生まれたりで、なんとなく生活があわただしくなってきつつも、ダンボールでPCケース作ったり、忙しいのか暇なのかよくわからない生活をする

○2008~2011年 アクリル工作を始める

 自分の納得出来るPCケースを作るため、アクリル工作を始める。かなりくそまじめにアクリル加工の練習なんかしつつ、ケースの発案・設計をして、2006年より2年と少々の歳月を掛けて、2008年夏、アクリル立方体ケース[STRATOSPHERE]が完成(現在のメインマシン)、なんだかアクリルを扱ったら透明なケースも作ってみたくなっちゃって、さらに透明を活かしたマザーボードがよく見えるケース[SuperCell]を作った。
さらにケース作りは続きPCケース作りの技術を応用して、XBOX360の静音化でケース[Tofu]を作り静音化。ケースそのものを作る手法での静音化は国内ではおそらく初めて。世界的にはしらないw
 小型のmini-ITX用のキューブ型の小型ケース[角砂糖]を作った。
このケースは最初は職場用につくって、その後ファイルサーバーとしてWHSを入れた仕様で、インプレス主催の自作の祭典2010でエントリーして、Windows7のマスコットキャラクターの窓辺ななみ賞を受賞し、水樹奈々の直筆サインを頂き、それがきっかけで水樹奈々を聞き始めて気づいたらファンになった。その後作ったスロットのないコンパクトなATXPCケースとして作られた[Cumulus]も自作の祭典2010で、pro&ultimate賞を受賞

○2012~2013年木工が趣味になる
 
引っ越しに伴い、自室を作るべく木工を開始する。
その後、棚や隙間収納を必要に応じて作っていきながら、スツールや玄関収納、2段ベッドなど、木工はどんどん続き、すっかり趣味の一つになる。逆に趣味が増えると時間が削られるので、引っ越しの前後の片付けの忙しさと子育てとDIYにいそしんだためTVゲームに費やす時間が激減する。

あれこれ作って本当はこんな面倒な事をしたくはないほど面倒くさがり屋なのですが、同時にこだわる性格なのでこのような矛盾が発生するようです・・・