まぐろぐ/「Air/S いよいよ立体的になってきた」 Air/S いよいよ立体的になってきた


■Air/STRATOSPHERE:6

第二回材切り出し地獄から脱出。
自動的に第二回ヤスリがけ地獄に突入。まぁ気長に。


最近ほとんどの時間がケース作りになっている。まずい。
ほかにやらなきゃないこといっぱいあるのに。おかげで7月中にはフレームができそうだ。こんな予定じゃなかったのに・・・
漠然と考えていた予定より1ヶ月ほど早い進行。
細かい調整があるから、形ができてからが長いんだろうから今月中の完成は
難しいかなあと。


とはいえ、メインマシンであることと、確認的な意味でパーツ現物を入れて作っていく部分もあったり、ファンとかも一部、今のケースから取って使う予定の物とかもあったりするので、1週間以内には、この新ケースにパーツを全部移して、実際に運用を先に開始しつつ、最終的な部分を作っていく形になる。






で、リアパネル2の作成
|ニ|ニ| って感じの7枚の板で構成されています


7つに分けた理由は、強度的には問題ないことが、自分なりに研究して分かっていたことが1つ


以前買ったアクリル端材セットの中に5mm板の 12cm×20cmくらいのが5枚入っていたからっていうのもある。白板に限らず、このケースのベースの板2枚とガワ以外は、すべてそれらの端材から切り出している。
ということで端材ゆえに大きな材が切り出せないから、っていう貧乏くさい考えが最初にあった(笑)


でも実際作り始めてからは、削りすぎとか割れたとかして、失敗時に1枚まるまるダメになるリスク回避が最大の考え
少なくとも設計時は、精度的技術はヘタレだったわけで・・・今は自分で言うのもなんだけど結構良くなったと思う


この端材のおかげで材料費が浮いているのはたしか。
ただどうしても平行に接着するのは難しく接着剤を流しすぎてこぼしたりする、ヤスるのたいへーん


M/Bが上の階、電源とHDDが下の階という2階建て構成
DVDドライブはディスプレイ近くにあるので外付けで付けないし今後も付けないと思うので最初からスペースも作らないFDDは電源下がスペース余る予定なので付けるかも。の半分未定。
二階建てのまな板っぽいのを作る予定それにガワを被せる感じ。そんでもって予定サイズが360x360x360という正立方体になる予定。まあ多少は誤差分くらいはずれるだろうけど。


ということで、作業再開。
電源をリアパネルと合わせてみると、残念ながらちょっとネジ穴がズレていた。3.5mmと4mmの穴で穴を拡張して電源を支える4つの穴を調整最終的には、4つがぴったり合って、ガタつかない状態になった。穴が大きくても、まったくガタつきがないならまぁ問題はないか。


次に柱となる、2本とリアパネル1階を、接着。
この3つで2階のマザーボードベースを支える感じ。
実際にはもうちょっと強度的な補強はするけど、何をするにもまず起点がしっかり固まってくれないと・・・と言う感じ。
一応ネジ止めでばらせるようにする事も想定して、変更時に対応出来る様にしていたが、実際に柱とリアパネルを接着しただけで、まだ1階部分は作っていないので、そのへんを作ってパーツが入ってる状態をイメージしながら、作業性を考えてみたが問題なさそうなので、1階2階は接着してしまう事に決定。そのほうが強度が上がるからね。
でも、まだ1階部分出来てないから1階2階の接着は最後。


とりあえず、その柱がしっかり固まってくれないと、それを起点に作っていくので、何も作業が出来ない。乾燥中にマザーボードベースを乗っけてみた。





立体的になって、特に今はM/Bが乗っかって居ないので下を遮らないので
フレームのイメージが伝わるんじゃないかと。


これに外装被せてできあがり。・・・とはいっても、細かいところはまだまだいろいろ作らないといけないので、やっと6割、7割くらいできたかってところ何じゃないかと。
ちなみに2階フロントパネル側にも柱は立てるけど、2本のうち1本ちょっと長さが足らなかったので作り直す事になったので、急がないので後回し。


なんか、立体的になってきて、いよいよケースっぽくなってきたな感と、メインマシンの中身移行という転換期が近づいてきて、勝手に一人で盛り上がっております・・・・。


このケース作り興味ない人は最近話題がこればっかりで退屈させてすみません・・・。