[戻る]

「3畳ももしんワールド まとめ2」 in まぐ論
0 TB                 [11/05/31 14:10:44] momoshin
      まとめ1につづき、つぶやきを箇条書き的に並べただけのもの


ベッド下を収納空間にという方向でロフトベッドは作ってる人結構居るなあ。二段ベッドみたいにはしごで上がるタイプにすることでスペースは稼げるんだが、PC空間を作ったせいでベッドが使いづらくなったと思われたくないから、はしごじゃなく階段+通路で行きたいんだよなあ


部屋が3畳で良いなんて割と贅沢言ってないつもりなのに、なぜこんな大事になってるのか
とかつぶやいたら、部屋があるだけでも贅沢だと言われた
全くその通りでございます。
 室内なので耐候性や腐食を考えずに済むのでSPFで十分と思うが、ウエスタンレッドシダーを無塗装でひのきっぽい香りを楽しむ方向で・・・と夢がひろがりんぐ。何色に塗ろうか妄想しまくっていたが、香り優先で無塗装というのもベッドとしての機能性としては面白い選択かなと


 一般的なウッドデッキ換算で必要木材数えたらベッド&通路、部分、棚、机で端数切り上げ10万。うはー5万はかかると思っていたがそれどころではなかった。SPFなら3割は安くなるなぁ。でもWRCいいなあ。強度と見た目をを維持して木材節約な構造を再考しなくては


 ベッド(デッキ部)の構造を考える日々。デッキ下収納の使い勝手を考えた柱の位置や、強度を考えた梁や柱の数、 梁を増やすと下が狭く使いづらくなる。すべてを考慮した最良の答えを出せるよう脳がフル回転するもオーバーヒート気味。工業高校に行っておくべきだったのう


 作れるのかどうか確信が無いまま細かい構造を考えて大量の時間を割く事が不安でたまらない。根本的な強度計算の基礎が独学で、それを処理する頭が低脳なので怪しいことこの上ない。→不安なので可能な限り熟考→出来るかどうかわからない事をじっくり考える不安→(ループ)


 ベッドごと作ってベッド収納の代案が思いつかないのと、引っ越し時期が迫ってきているのもあるので、もうこの計画で行くことにする。ある程度具体的な構造を考え始めている今日この頃。作れるかどうかは相変わらず不明。足りない技術は勢いとやる気でなんとか補う方向で


  コストを考えて2x4の6ftが多い構造のほうが安い、そこにこだわりすぎず使い勝手を第一に考え、上のベッドが使いにくくなく下の収納も可能な限り大きく、その上で強度を確保、見た目もある程度考慮したい。それらをすべて満たすっていうのが結構頭使うなあ。わけわかめ


  仕切り壁も収納にして壁2はpcの机として、壁1はデッキ下収納の入り口部分の壁なので下が開いている戸を外した押し入れの上の段にカラーボックス並べたような、上が本棚で下がデッキ(ベッド)下収納の入り口になるイメージ。


  仕切り壁1の本棚は、1800mmもの幅の棚って買って足つける事も考えたが買うと高いし、作っても材料費がバカにならないジレンマ。コストダウンのためにカラーボックス4個を収納する棚みたいなのを作って裏はベニヤ張って壁にする感じに決定。


 pc机の理想ってどんなのかなあ。肝心のpc机面の壁についてはあまり案が思いつかない。pc机についてはどちらかというと見た目より機能性を追求したい、おもいつかなくて真ん中机とディスプレイ、左右スピーカー、机の横にpc本体とアンプとか普通な構成になりそうな……


といってもアンプとPC本体とかスピーカなんて机の横に棚あってそこに置ければいいし、ディスプレイとキーボードくらいおければどうでもいいんだよなあ。


 延々考えてると作れるような気分に。根拠無いのが不安要素。赤がベッドと通路、上の白がマットレス。ベッド部分2壁作って囲う。黄色下部分はベッド下収納入り口で上が本棚、緑がPC机部分。黒い床部分が自分の領域











 ベッド下収納がついたベッドと壁(机)と壁(本棚)設計なう。今の脳内状態を図にしてみた
 強度が・・・、見た目を・・・・、使い勝手を・・・・、このほうが組みやすそう・・・、
細部を考える程に材料費がじわじわ増加していく・・・
しかし材料費を抑えるためにここはこうして・・・・、(ループ)










その3
http://momoshin.net/maglog/?itemid=2442

コメント

「コメント」
                [22/04/01 07:14:24] hotshot bald cop
  
That's an awesome point
「コメント」
                [22/04/05 05:48:34] hotshot bald cop
  
Wonderful views on that!

トラックバック

トラックバック
このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。 もしあなたのブログがトラックバック送信に対応していない場合にはこちらのフォームからトラックバックを送信することができます。.

以下のフォームからコメントの追加ができます。
(タグは使えません)